umekame日記 

子供達の記録、インテリア、収納、愚痴、日記代わりのブログです。十年以上非定型顔面痛・歯痛で悩んでます。

息子小学校時代①

小学校に入ると更に問題を起こすようになり、
1年生の時、先生から

「あんな子になったのはお母さんの責任です。
どうやったらあんな子になるんですか?」


と言われました。
パニックになる事が何度もあり、喧嘩して友達とやりあったり・・・
息子の行動で迷惑をかけていると思うと
申し訳なくて、とにかく謝るしかなかったです。

同じ様に育てても4歳下の娘は大人しく、いわゆる優等生タイプなので
(いい子を演じる娘も心配ですが)
どうして!?なんで?!普通の子の様に出来ないの?という疑問、
(幼稚園の時発達障害ではないと言われていたので)
息子にやってはいけない理由を私なりに説明したり、怒ったり、
どうしたら息子が理解できて実行できるのか
毎日自問自答、親子で話し合い、葛藤。
小学校時代はそんな日々でした。
離婚していたので私がなんとかしないとという思いに押しつぶされそうでした。

2年の担任はベテランの男性だったせいか、
たまにパニックにはなるけれど大丈夫ですよという程度でしたが、
忘れもしないのが3年 4年。

3年は新人の若い女性の先生、特別支援級に行くように言われました。
いきなり支援級と言われても悩み、困り、
専門の先生に授業中の様子を見ていただきました。
結果、


「検査しても診断されないレベルのアスペルガーのグレーゾーンでしょう」

驚いた事に私にはショック、ではなく安堵の気持ちが湧いてきたのです。


続く・・・

発達障害??

中学生の息子は赤ちゃんの頃から育てづらく、
0歳、1歳代はずーっと泣いている、布団にもぐりこむ事が好き、
白いものしか食べなかったり、変わった子だなあと思っていました。
(言葉も遅くて3歳前から話しはじめました。)


1歳~3歳まではお友達とも遊ぶし、コミュニケーションもとれるので
心配していなかったのですが、
幼稚園に入って集団になると一人行動が多かったり、癇癪を
起こしたりする事がありました。
そこで念のため役所の子供課のような部署に相談したところ、
専門の職員さんが来てテストをしてくれました。


会話、折り紙、絵を書くなどだったと思います。


結果「お子さんには全く問題はありません」


その後の経験や葛藤が大きすぎてあまり覚えていないのですが、
専門家がいうから大丈夫と思ったと思います。


問題児な一方、5歳で結構複雑なレゴの恐竜を説明書の図だけを見て
ひとりで作ったり、


(この恐竜だったと思います)


男の子が好きな戦隊モノには全く興味がなく、魚と恐竜の図鑑を
ずーっとみて暗記したり、発達障害の知識が無い私は
「頭がいいのかも♪」と喜んですらいました。


続く・・・

ペインクリニック

年々顎、顔の痛みが増してるけど治す方法が
見つからない、ので今はペインクリニックで
トラムセットという麻薬の成分がちょっと入っている
痛み止めと、精神的な安定と痛み止を兼ねたワイパックスを
処方していただいてます。


ずーっと痛いと精神やられますよね。


持って生まれた性格と、家庭環境のせいか、私は
子供の頃から神経質で気にしやすい人見知りな性格でした。
そんな性格なので離婚時の騒動ですごい事が立て続けに
起こり、パニック障害と鬱になって起きあがるのも辛かった経験があります。
精神的にヨワヨワ。


だけど徐々に回復に向かい、数年経った今では子供達を養うために
男性並みに働いてます!
ヨワヨワでも人って強くなれるものなんですね。


話は戻って、ペインクリニックの話。
神経ブロックが全く効果なかったので薬に頼るしか無いのです。
皆さんどうされているのか知りたいです。


だって、子供達、友達、同僚に顎が痛い話をしても
誰にも分かってもらえないし、病院でも精神的なもので終わってしまうし。
色々試行錯誤した結果、
「何もしていないと痛みがつらいから無理にでも何かするようにする」
という事にたどり着きました。


激痛だと何も出来ませんが、強めの鈍痛がずーっとなので
がんばっていつも気をまぎらわせるように努めてます。
そうやるのも精神的につかれちゃいそうだけど、その方がまし。


続く・・・